読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術書典のお礼と出展までのいろいろ

先日6/25に開催された「技術書典」では非常に蒸し暑いなか足を運んでいただきありがとうございました。
弊サークル「ぺんぎん海岸」としては、メインの出し物だった「Akkaとアクターモデルではじめる〜(略」の持ち込み分が15時前くらいに完売して、技術目当てで来た方には見せるものがなくなってしまいました。(写真集も技術的背景を語ると1時間くらい話せるのですが、多く語っても陳腐なだけでしょう。多分。)
次回は夏コミに出展予定です。しかし執筆期間がないので、同じ本を何十冊か刷って売るかもしれません。。。

さて、普段のコミケの後のエントリーなんかではこれで〆てしまうのですが、はてブ等見ると出展までのことを色々と語っている人が多いので、弊サークルもそういうことを書いてみようと思います。

申し込みまで

コミケの当落前に原稿を始めると、(コミケの)締切付近で火を吹かなくて済むので、という理由で申し込みました。
それ以外の理由はあんまないです。

執筆

まあまあいつもどおり、Emacs + ReVIEWで本文を書き、Omni Graffleで必要な図を作成。「Akka〜(略)」は土日を中心に作業して5月中旬〜6月中旬の1ヶ月くらいで書きました。

原稿を出力してもらう印刷所はけっこう悩みましたが、イベント協賛の日光企画は、頁数大・部数小な本をサークルにとってはけっこうお高い印刷所なので最初から選択肢になし。(300冊くらい刷るならけっこう良いんじゃないでしょうか?
いつもお世話になっているみかんの樹さんは閑散期でも締切が割と早かったので、安くて締切がギリギリでOKだったサングループさんに頼みました。

表紙はここ半年くらいで撮った写真をピックアップして何パターンか作り、良さそうなのを選択(完全に直感)
本文は何度か入稿実績のある秘伝のタレ(スタイルファイル)を使っているので、入稿時のトラブルとかは特になかったです。

それと、経験上売り物が1種類だと机がもったいないので、1日くらいで写真集を入稿しました。
こっちは完全に趣味で、グラフィック(印刷所の名前)のオンデマンドで、一番重い紙(ヴァンヌーボVGスノーホワイト150kg)で刷ってもらうとどんな感じに色が出るのか知りたかったっていうのがありました。

ちなみに、異なる印刷所でオンデマンドのカラー印刷を頼んでどういう印象を持ったかというと、

サングループ:画面で見るよりMが強い印刷になった。
グラフィック:画面で見るよりKが重い印刷になった。紙の性質もありちょっと滲んだ感じに見える

当日

即売会では机の前に来てもなんのスペースかわからないことが多いので、スペース表示+お品書きの札を作っているんですが、その札を家に忘れた。しょうがないのでそこら辺の段ボールで作ったりとかした。

よくわからないが、一般入場前に頒布してOKだったらしくそのあたりだいぶ謎だった。コミケでは明確にNGだが、ケットコムとかSDF、赤ブー、YOUあたりのイベントに出したことあるわけでもないのでここらへんはノーコメント

弊サークルは入り口側で通路広めかつ、退避口があったのでそこまで混んでなかったけど、裏側はぎゅうぎゅうな時間帯も割とあって大変そうでしたね。
整理券制のおかげで断続的に来場者が続いたので、即売会後半にありがちな、人来ないしもう帰ろうかな〜って感覚がなかったのはとても良かったです。

売上

気になるところだと思うので、あまり公開してませんが書いておきましょう

項目 金額
Akkaではじめる〜の売上 35000円 (@500 * 70)
Doll Lighting Practicesの売上 5000円(@500 * 10)
Akkaではじめる〜の印刷費 -17000円
Doll Lighting Practicesの印刷費 -11000円
参加費 -5000円
合計 +7000円

という感じになりました。今回は本の原価率をかなり低くできたので黒字収支になりました。
まあ、カメラとお人形、旅費で150万円くらい累計で使っているし、これからも増えるので長期的に黒字になることはないです。

技術書典の告知

一応入稿作業は終わったので告知。

6/25(土)、秋葉原は通運会館で開催の技術書典にサークル「ぺんぎん海岸」として出展します。

サークルスペースはA-15です。
頒布物は2種類の予定です。また、頒布価格は各500円の予定です。

「Akkaとアクターモデルではじめる並列/並行/分散処理プログラミング」
B5 表紙込み 56p
アクターモデルプログラミングのためのツールキットであるAkkaを使った並列/並行/分散処理プログラミングの入門本という趣です。まあ分散要素は今回ほとんど入れられなかったので、夏コミで続きを・・・、と思っています。
f:id:Xray:20160614220558j:plain:w400

「Doll Lighting Practices」
B5 表紙込み 16p フルカラー
4月〜6月に撮ったドールの写真(と風景の写真)の貼り付けた本です。
技術書典というイベントで出すということで、ストロボでライティングを作った写真を中心に配置して、カメラ側の設定を併記しています。
f:id:Xray:20160614214736j:plain:w800


技術書典の詳細はこちら。
techbookfest.github.io

今月2回めのCURASで撮影です。
最近エルフさんばかりだったので、違う子も連れて来てみました

続きを読む

APO Sonnar T* 2/135

フジヤカメラでじゅうよんまんえん。Y/C Sonnar 135/2.8を使っていて、風景にもドールポートレートにもとても使いやすかったのですが、あれは最短1.6mまでしか寄れないという欠点があり、かなり不満に思っていたので思い切って飛び込んでみました。
Makro-Planar 2/100もじゅうまんえんで並んでいて1時間位ショーケース前で唸ってしまったのは秘密・・・。

まだ10枚ほどしか撮ってないのですが、とにかく良いレンズという感覚です。
フォーカスリングは適度に回しやすく止まりやすい。重量は約900gですが長いのでそれなりにバランスして構えやすい。
ピント面はかなり薄いのですが、合焦すると急激に持ち上がるのと、LVのピーキングを併用することで難なく合います。
A7M2の手ブレ補正を組み合わせると、普通に使って手ブレすることはなさそうです。

ビルにピントを合わせて撮ってみました。金属がスパスパ切れるような描写はZeissっぽいです。
f:id:Xray:20160515180408j:plain:h600

夕日に照らされて屋上庭園の葉が輝いていたので、ぼかしたら良い感じかなと。
夕日を正面から捉えているのですが、奥の方の階調が生きてパリパリに写っています。
手前の密度が高い部分はぐるぐるする感じのボケになってしまってあまり得意ではないのかも。
f:id:Xray:20160515181505j:plain:h600

青森各地

連休最後に青森まで行ってきました。八甲田山奥入瀬十和田湖横浜町、大間等色々回れて良かったです。
八甲田で雪も撮れるし海、奥入瀬横浜町で春らしい風景が撮れるので、4月後半〜5月にかけての青森は撮影にはすごく良いのかもしれません。
あと、びっくりするほど人がいない。

f:id:Xray:20160507025650j:plain

f:id:Xray:20160507044609j:plain

f:id:Xray:20160508161648j:plain

f:id:Xray:20160506181121j:plain

f:id:Xray:20160509115623j:plain


全部向かって左向きだ・・・。構図が単調なのでまだまだ勉強の余地があります。

5/5 CURAS撮影会

ドルショ、ドルパと参加して疲れ気味でしたが、人が少ないと踏んでCURASの撮影会に。水撮影ブースを使いたかったので。

強い雨の中でストロボ光らせて雨粒を止める写真というのが、かっこいいストロボ撮影の例としてあります。
風景やモデルさんはともかく、ドールを雨に晒すのはなかなか辛いんですが、CURASではドールを濡らさずにこのような写真を撮ることができます。(なんか宣伝みたいだな...

CURASの水撮影ブースには、ブース中央の天井にシャワーが据え付けてあるので、その奥にストロボを一つ、シャワーを挟んで手前にドールを置きます。
カメラは環境光を入れない設定にするので、ドールの手前にも一つストロボを置きます。
自分はドールのさらに手前から撮ることになるので、ワーキングディスタンスが長いレンズ(1m〜?)は使えません。

そんな感じで撮ったのが以下の写真です。(スマホに転送した低解像度版なので後で差し替え予定...

奥のストロボにカラーフィルターを入れてみました。
f:id:Xray:20160506072955j:image

赤くして恐ろしい感じで。マジカルトミーガン。
f:id:Xray:20160506073013j:image