読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静的なWebサイトを公開するならDropboxで良いじゃんという話。

オーム社のebookセールでプログラミングHaskellを買ったので、読書記録をちゃんと残そうと思いました。今まであんまり真面目にそういうのやったことないし・・・・。

で、どうやってやるか次のような方法を考えてみた。

以前何度かやってみはしたが緊張感が保てなくてやめてしまうのと、マークアップできないのはちょっと微妙だなということで却下。

まず、読書記録を作るにはシステムがオーバー過ぎる。また、進捗更新時に書くDescriptionに記録を詰めると見づらそうだし、Web上でのみ編集可能というのはあまりはかどらなそう。Wikiだけ使うのはありかもしれないが

  • Sphinxで骨組みを作って、Web上に公開しながらやる。

結局これに辿りついた。Sphinxというのは、Python製のドキュメンテーション用のフレームワークで、reStructuredTextで書かれたドキュメントを読んで、それっぽい感じのものを作ってくれる。出力方法も色々指定することができて、HTMLが指定できる。

ここで生成されるコンテンツは静的なので、Dropboxとはとても相性が良い。(参照できるURLさえ与えてくれるサービスならばなんでも良いから。)更新する際もサーバーにrsyncやscp、sFTPで叩きこむ必要さえなく、SphinxでHTMLを生成してそれをDropboxのPublicディレクトリに叩きこむだけだ。


そんな訳で、プログラミングHaskellの読書記録を以下に作ってみました。

「プログラミングHaskell 一人読書会」
http://dl.dropboxusercontent.com/u/2394767/haskell/index.html