APO Sonnar T* 2/135

フジヤカメラでじゅうよんまんえん。Y/C Sonnar 135/2.8を使っていて、風景にもドールポートレートにもとても使いやすかったのですが、あれは最短1.6mまでしか寄れないという欠点があり、かなり不満に思っていたので思い切って飛び込んでみました。
Makro-Planar 2/100もじゅうまんえんで並んでいて1時間位ショーケース前で唸ってしまったのは秘密・・・。

まだ10枚ほどしか撮ってないのですが、とにかく良いレンズという感覚です。
フォーカスリングは適度に回しやすく止まりやすい。重量は約900gですが長いのでそれなりにバランスして構えやすい。
ピント面はかなり薄いのですが、合焦すると急激に持ち上がるのと、LVのピーキングを併用することで難なく合います。
A7M2の手ブレ補正を組み合わせると、普通に使って手ブレすることはなさそうです。

ビルにピントを合わせて撮ってみました。金属がスパスパ切れるような描写はZeissっぽいです。
f:id:Xray:20160515180408j:plain:h600

夕日に照らされて屋上庭園の葉が輝いていたので、ぼかしたら良い感じかなと。
夕日を正面から捉えているのですが、奥の方の階調が生きてパリパリに写っています。
手前の密度が高い部分はぐるぐるする感じのボケになってしまってあまり得意ではないのかも。
f:id:Xray:20160515181505j:plain:h600