日中の長時間露光撮影

ヨドバシで投げ売られていたBENROの角型GNDフィルターを拾ったことをきっかけに、KANI のフィルターホルダーとND1000まで揃えて、先週末は海辺で遊んでいました。

角型フィルターを出しているメーカーとしては、LEEやCOKIN、NiSiあたりが有名です。LEEやCOKINは100mm角のフィルターでも1枚3万円級で流石に手が出ません・・・。そうなるとLEEやCOKINの半額くらいで買えるNiSiかKANIになるのですが、KANIの良いところはIrix 2.4/15用のアダプターが出ているところなので、持っている機材に合わせてKANIで揃えました。


α7R + Irix 2.4/15 F22 / SS120sec / ISO50
(カメラをあおったので、LRで修正しています。)
f:id:Xray:20171007145451j:plain



α7R + Irix 2.4/15 F11 / SS60sec / ISO200
WB 5500K / 色かぶり補正+40

こちらはND1000に加えてGND0.9を入れています。フィルター2枚まではケラれないで撮影できました。ただしフィルターホルダーを完全にねじ込みきらないとちょっとケラれるので注意。
f:id:Xray:20171007170509j:plain

NDも濃くなると、色が転んだりしてしまって補正をかけたりしないといけないようなんですが、KANIのNDに関してはそういうのはほぼ無いです。レタッチも非常にやりやすく、WB太陽光設定にマゼンタを強めに入れたら夕景の写真などはそれでイイんじゃないでしょうか・・・。

非常に優秀っぽいKANIのフィルターですが、有名ブランドの商品に比べて安いとは言え、フィルターホルダーとフィルターを揃えるとそれだけで5万円くらいかかってしまうのが難点です。とはいえ、雲を流したり波を静かにしたりなど、レンズだけでは実現しようのない表現が得られるので、興味のある人にはおすすめできます。ドール撮影でもいずれは試したいなと思います。